【血の轍】猫が死んだ理由はなぜ?静子が殺した説を考察

どうもこんにちは春日(嘘)です。今回は、血の轍に度々登場する、静一の記憶の中にある’猫の死体’について考察を行っていきます。

第1話で静一の過去の記憶として登場し、その後も重要なシーンで登場する猫さんです。

ただの記憶にすぎないのであればそんなに何度も登場することはないですし、それに猫に関しては静子の発言も気になるところがあり、静子も猫の死に関わっているような気がしてならないのです。

ですので血の轍における’猫の死’がどのような意味を持つのか考察していきます。

猫は静子が殺した

個人的に、あの猫を殺したのは静子だと考察しています。というのもまずはこちらの画像をご覧ください。

 

こちらの猫の画像に関して、特に目を御覧ください。両目が違う方向を向いています。これと同じ目をした人物が血の轍に登場しています。それは三石しげる、通称しげちゃんです。そうです、静子が突き落としたあのしげるです。

目のタッチが同じということは、何かしらのメタファーであると考えられます。猫としげるも静子からしたら同じなのです。両者の共通点についてまとめていきます。

「猫」は「しげる」と同じ邪魔者

血の轍でいう「猫」と「しげる」は静子にとって同じような存在です。

だからこそあの猫もしげる同様に静一のために消されたと考えられます。

別記事でも書きましたが、静子が静一を必要以上に過保護にするのは静子のため。静子の自我を保持するために静一からの愛情を補給しなければいけません。そのため静一からの愛情を独占したいと考えています。これが静子の基本的な行動原理です。

そしてしげるを突き飛ばした=殺そうとしたのは、しげるが静一を奪ってしまうと考えたからだと推測されます。

というのもしげるを崖から落としたあのハイキングの直前、夏休みに入ってからは毎週末しげるとしげる母が静一家に訪れていました。そして話好きなしげる母により、静子がしげる母と話し込む必要性がありました。

その間にしげるは静一の部屋に入り、ずーーーーっと静一としげるはテレビゲームに熱中。

普通によくある光景だと思いますが、静子はこれを「静一を取られた」と感じたようです。静一といる時間をしげるに取られた、静一が好きなのは私(静子)だけ、しげるがいる限り静一から愛情をもらえない、じゃあどうしよう。。。

しげるを消しちゃえばいいのよ!

ということでしげるを消しにかかったと考えられます。

そして猫もしげる同様に、過去に静一の関心を奪ったことで、同様の行動原理により静子により抹消対象になったと考えられます。

静一が猫を可愛がっていた

静子の話によると、静一が猫の死体を発見したのは約10年前、当時静一少年は約4歳の頃。

ここからは考察になりますので、より深い考察をお持ちの方はコメント欄にて教えて下さい!

以下考察・・・・

静一が4歳の頃、静子と歩いていると道端には猫がいた。少年の性なのか、猫を見ると撫でなければいけない。

そして静一が猫を撫でていることを見て愛らしく思う一方で、自分(静子)以外に愛情を向ける対象が現れたことを驚異に感じていたのでしょう。すなわち、猫もしげる同様に自分から静一を奪う可能性のある存在だったのです。

ということで静子からしたら、猫もしげるも同じだということです。

静子を守るべく静子が殺した

このような理由で静子により猫は殺され、しげるは殺されそうになってしまったということだと考察しています。

繰り返し述べているように、静子的にはしげるも猫も同じ。静子の心の拠り所である静一を奪う存在であり、抹殺すべき対象なのです。そして実行に移されたということです。

この両者が静子視点では同じものであるということを表す記号として、’あの目’なのです。亡くなってしまった猫の目と、病院で意識不明の際のしげるの目は同じでした。

静子の発言

そして極めつけに、10年前に死んだ猫さんを見た静一との会話が気になります。

静一「まま、このこ、つめたいよ?」

静子「ああ・・・ほんとうだ。しんじゃってるんさ。このこ・・・」

静一「どうして?しんじゃってるん?どうして?」

 

「そしてこの表情である」とも言わんばかりの静子スマイルですね。

真相は静子しか知りえませんが、あの表情はなんかありますね。ということで、静子さん、手にかけましたね。。。

まとめ

第1巻から何度も登場する猫の死体に関して、実はかなり深い考察がありました。

やはり物語の中核となるのは長部静子であり、猫もしげるも彼女にとっては自分の存在を脅かす敵対勢力であることに間違いないのです。そして静子は実力行使に出る女であるということは、しげるの件で既にご存知のとおりです。

だからこそあの目で描かれたということです。

このようにあの猫は静子の静一に対しての異常な愛情を表すメタファーであるということもおわかりいただけたでしょうか?

まだまだこれから不明な点が明らかになっていくことでより深い考察ができると思います。しげるを突き落とした理由も、猫の死因も確実な理由がわかってくると思います。

特に静子が静一に異常な愛情をかける理由も、きっと過去に何かがあったことだろうと考察できます。その理由も当サイトでも考察してみましたが、まだ完全ではないはずです。それも今後の流れを追いながら考察記事に追記していきます!

【血の轍】静子の過去に何があったのか考察【静一が鍵】

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *