【ワンピース】天狗山飛徹はクロコダイル?光月スキヤキが正体?

天狗山飛鉄 クロコダイル スキヤキ

フィル

どうもこんにちは管理人のフィルです。

今回は「ワンピース」の天狗山飛鉄の正体がクロコダイルであるという説が浮上しているらしく、王道の天狗山飛鉄=光月スキヤキ説とどちらが信ぴょう性があるのか考えていきます。

それにしても天狗山飛鉄がクロコダイルであるという説はどこから来たんでしょうか?

クロコダイルって元王下七武海のあいつですよね?

アラバスタ転覆を狙い、当時格下のルフィに敗れ、インペルダウンに幽閉された結果脱獄、一時的に同盟を組み、頂上戦争では超絶活躍をした彼ですよね?

現在ワノ国にいたということなんでしょうかね〜?ひとまず噂の出どころを調べていきます!

天狗山飛鉄とは

編笠村でお玉とともに暮らしている天狗であり、お玉のくのいちとしての師匠。

天狗山のお面をつけ、刀鍛冶。お玉がエースの再来を待っているのと同じように、彼も20年間誰かを待っているとのことでした。

彼が待っている人物とは言うまでもなく、光月モモの助と光月日和でした。二人に託すべき閻魔と天羽々斬という妖刀を所持しており、後にモモの助の指示でゾロの手に渡りました。

さらにかつて二代鬼徹を打ったという歴史もあり、他にも彼の打った刀はたくさんあると思われます。

また名前に’天狗’と入っていることや、彼の容貌から本当に天狗なのではないかと思われるかもしれませんが、彼は人間です。宙に浮いているかのように見えますが、かなり高いヒール(笑)を履いているだけです。

20年間モモの助と日和を待っていたということは、光月トキとおでんの言葉を正しく理解しているということ、さらに亡きおでんの愛刀を託されていたということから、彼は光月家の人間と考察できます。

天狗山飛鉄の正体
  • 20年前に既にワノ国にいた
  • おでんとトキの言葉を理解し、20年間待っていた
  • →20年間ずっとワノ国にいたことと同義?
  • おでんの遺産である閻魔、天羽々斬を託されるほどの赤鞘からの信頼

ここから彼の正体について考察を始めていきます!

天狗山飛鉄の正体考察

天狗山飛鉄がクロコダイル

まずタイトルにもある通り、天狗山飛鉄の正体がサー・クロコダイルであるという説について。

先にも書いたように、少なくとも20年前にワノ国にいて、さらにはおでんとトキともかなり近いところにいなければいけません。そして20年前にクロコダイルは何をしていたのか調べてみました。

現在46歳という彼の過去は詳しく描かれていないため、20年前のことはわかりません。唯一わかることはクロコダイルとイワンコフの間に何かがあったということ。おそらく性転換だと思われますが、詳細は不明。

詳しいことはわかりませんが、少なくとも彼は本編の2年前にアラバスタにいましたよね。

これはルフィたちが直接対峙しているので間違いないです。さらにエースがワノ国についたのが4年前、その時にも天狗山飛鉄はエースとも会っているので、少なくとも4年前にはワノ国にいたはずです。

おそらく同時期にもバロックワークスはグランドライン前半の海域で活動していたと思われるので、クロコダイルが天狗山飛鉄である可能性はほとんどないと思われます。

フィル

国家の転覆を狙い、簒奪を考えるようなやつがお玉のような少女を可愛がるなんてことはないですよね(笑)

この噂の出どころを知りたいもんです(笑)

天狗山飛鉄が光月スキヤキ

そして天狗山飛鉄の正体として有力な人物として、光月おでんの父であり、元将軍である光月スキヤキです。

オロチにより暗殺され、マネマネの実の能力でスキヤキの偽物を作り出し、将軍位がオロチに譲られることになりました。そして現在に至ります。

史実的には光月スキヤキは亡くなったとされていますが、あくまで史実。

スキヤキ本人が亡くなった描写は今の所ありません。実際にはこの時にまだ生きており、天狗山飛鉄として正体を隠して住んでいたのかもしれません。

そう考察できる根拠があるんです!

美少女こけしコレクター

天狗山飛鉄の初登場時、彼の紹介文に「美少女こけしコレクター」と書かれていました。

特に意味もなく、なんとなくのおもしろ設定なのかな〜と読み飛ばしていましたが、実はこれが伏線なのです。

オロチの城に潜入したブルックにより、ポーネグリフが城の地下で発見されます。以下ブルックの発言です。

ブルック「強固な扉の地下室にありまして。木彫人形が並ぶ変な部屋でした。」

しのぶ「ん?こけし?」

ブルックのセリフも気になりますが、それに対してしのぶがこけしと確認をしています。そのためブルックが見たというポーネグリフがあった部屋においてあった木彫人形とはこけしであると思われます。

ポーネグリフはカイドウの所有物であり、ビッグマムとこれを奪い合っているほどの重要なものです。

世界の真相が示されているポーネグリフを保管している部屋は超VIPセキュリティとなっているはず。

なぜその部屋にこけしが置いてあるのでしょうか?

それが元々オロチのいるあの城の城主であったスキヤキの管理下にあったことを示しているのでしょう。

かつてオロチに乗っ取られる前、ポーネグリフはスキヤキが管理していました。その際に美少女こけしコレクターであった彼は、その部屋にこけしを並べていました。

その後オロチに乗っ取られてしまいましたが、ポーネグリフの部屋はそのままになりました。

オロチはポーネグリフには興味がなく、またカイドウも内容がわかればそれでいいという考えであれば、周りにおいてあるこけしは未だ放置されている可能性があります。

ワノ国に来て’こけし’の話は天狗山飛鉄の紹介文とこのときだけです。確実に繋がりがあると考えるのが普通です。先程の天狗山飛鉄の正体に求められる要素をご覧ください。

天狗山飛鉄の正体
  • 20年前に既にワノ国にいた
  • おでんとトキの言葉を理解し、20年間待っていた
  • →20年間ずっとワノ国にいたことと同義?
  • おでんの遺産である閻魔、天羽々斬を託されるほどの赤鞘からの信頼

もう全てクリアしてますね(笑)

オロチに殺されておらず生きているという前提であれば、20年前のおでん処刑の際にもワノ国におり、「20年間」の意味も理解している、さらに息子おでんの愛刀を父が遺物として持っていても何も不思議はありません。

すなわち現段階で天狗山飛鉄の正体として近いのは光月スキヤキであると思われます。

わけあって町にはいけない理由

さらに天狗山飛鉄が気になる発言をしています。

天狗山飛鉄「わしはワケあって町へは行けぬ。お玉を頼むぞ!!金は前借りで何とか!!」

なんで町にいけないんでしょうかね?

政治的な理由ですね、多分。

現在ワノ国の実験はオロチが握っており、そのバックにカイドウがいます。彼奴らは光月家を陥れ、いわば反乱者なのです。しかもオロチは光月トキの最後の言葉を信じ震え上がっています。

そのため光月家はオロチの敵であり、ましてや光月スキヤキが存命と知れば、光月家の遺臣がすべてオロチに反旗を翻すことになります。自身への反乱を恐れるオロチがスキヤキの存在に気づけば即座に消しに走るはず。

だから現在は仮面をつけ、ひっそりと名前を変えて過ごしているという話です。

まとめ

フィル

ここまでご覧いただいてわかると思いますが、私は完全に天狗山飛鉄=光月スキヤキだと思っています(笑)

クロコダイル説があったので面白そうだな〜と思い調べてみましたが、特に根拠もなかったのでガセだと思います。むしろスキヤキ説は割と信憑性のある根拠がいくつもあるので面白いですね。

ワノ国編に入り、一気に政治的な話が増えましたね。政治の風刺なのかなと思いながら見てますが、ほんとにワノ国編アツいですね。

特に錦えもんの勘違いが結果オーライになった部分とかも、理解するのが難しかったですが、それでもさすが!と思ってしまいました。彼の天然炸裂エピソードもご覧ください!

ワンピース 錦えもん トカゲ港【ワンピース】トカゲ港とハト港の暗号がよくわからないのでわかりやすく説明!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *