【GIGANT(ギガント)】稜の正体はETE関係者だった説を考察

miku

どうもこんにちは春日(嘘)です。今回は、「GIGANT(ギガント)」の稜(りょう)の正体が不明すぎたため、彼の正体を考察していきます。

この記事を書いている時点ではまだ5巻が最新刊です。つまりあまり稜の登場回数は少なく、しかし存在感が大きく、今後確実に本編と大きく絡むな〜と期待される人物です。

ですので稜の素性を明らかにしていきましょう!

稜というイケメン

190センチ超えのイケメンアーティスト

「あの人かっこいい!イケメン!」

女性の声が背後から向けられる高身長のバンドマンなのです。彼の初登場は第5巻第44話。パピコが3体の破壊神を倒した後、CMに出まくっている時期に、電光掲示板のパピコのCMが流れていました。

それを見ていた190センチ超えのイケメンがこう言ってました。

稜「

まあパピコを見れば誰しもがそう思うことでしょうが、はっきりと言い過ぎですよ。。。

そして彼は、稜を含む3人でバンドをやっているのかな?ギターを背負っていることと、「稜と歩いているとめちゃくちゃ売れてるみたい。俺らのバンド」というメンバーの発言があります。

ですのでここだけ見ると彼は普通にただのチャラい高身長イケメンなんですよね。

ETEに書き込みを示唆

彼が単なるチャラ男ではないと思われる理由としては、彼は異常にETEに固執していたからです。

今回ETEキッズの不謹慎なお願いにより、東京やニューヨークは大きなダメージを受け、多数の死者が出ました。

そして当初は客観的に関係が確認できないとの理由で野放しにされていましたが、最終的にはアクセス遮断がなされました。その結果日本からはETEが消え、これまでのような’お願い’が叶えられることも亡くなりました。

さらにETEがなくなり悲劇が生まれなくなった平和な世界でも、多くの人が「ETE 代わり 本物」などと不吉な検索を行っているのです。

その需要を満たすべく、かつてのETEを模倣したサイトが多く乱立するようになっていました。

しかし当然のことながら偽物のETEには’お願い’を実現させるような力はなく、ただアクセスされているだけに過ぎないのでした。

そして稜もETEの後継サイトを探す一人であり、毎日のようにETE探しを行っている様子。

かし日本のETEは政府により完全にシャットアウトされ、完全にアクセスすることができなくなっていました。そのため大多数の人は偽物のETEサイトを訪れ、適当なお願いをかけて「実現しね〜じゃんw」と言って終わりです。

ところが稜は諦めません。彼がとった行動とはアメリカ版ETEを利用する方法でした。

そうなんです。実はETEは日本だけでなくアメリカにも存在します。どんなお願いがかけられているのかは不明ですが、以前に日本と同じようにサタン(破壊神)が出現したこともあり、同じような’お願い’がされたことが予想されます。

miku

なんで稜はそこまでETEにこだわるのか、普通ならそこまでETEに執着しないでしょ!と思うんですよ。暇つぶしくらいの気持ちで見ると思うんですよね。

なのに稜はアメリカ版を探してみたり、どこまでもガチ勢なんです。GIGANT(ギガント)作中ではアメリカのETEは大統領が関係を認めていないためブロッキングされていないので、まだアクセスできるんです。

もしかしたら稜はETE側の人間なのかな?

ダークウェブを使いこなす

そしてもう一つ、彼がただのバンドマンではないことを示す理由があります。

やはりETEの代わりとなるサイトを探す際にこんな事を言ってました。

稜「帰ってダークウェブでも漁ってみるかー」

ダークウェブってご存知ですか?なかなか一般的に利用できるサイトではないのです。

ダークウェブはWeb検索エンジンによりインデックス化されていないWebの部分である「深層Web(Deep Web)」の小部分を構成している

日本においては、「闇サイト」などと訳され、個人情報やソフトウエアの脆弱性が取引されるサイトを指す用語として使われることがある

ウィキペディアより引用

若干補足をさせていただきますが、インデックスとはサイトに新たな記事をアップして、その記事が検索エンジンに認識してもらうことを指します。

例えばこのブログに記事をアップしても、その瞬間に検索エンジンに載るわけではなく、その更新をグーグルにキャッチされてからようやく検索して出てくるようになるのです。

しかしダークウェブでは、グーグルやヤフーなどの普通の検索エンジンにはインデックスされていないようなサイトや情報が集まっていると言われています。

なぜインデックスされていないのかというと、違法薬物売買情報などの非合法の情報が多く集まるサイトであるからと言われています。

本当かどうかわかりませんが、ダークウェブを利用したら即パソコンが壊れた、実際の住所に謎の小包が届いたなど、尾ひれがついた怖い話が多く存在します。

miku

なんとなく聞いた話ですが、ダークウェブへのアクセスする方法は何となくわかります。しかしダークウェブを利用しようとは思いません。なんとなく怖いからです。。。

ある程度ネットをわかってきたような人間でも利用したくないのに、なぜ普通のバンドマンがそんな深くまでネットを利用できるのでしょうか?

稜には確実になにかあります。今後GIGANT(ギガント)の中でより存在感が大きくなることでしょう。/say]

まとめ

[say name="miku" img="https://akuno-hana.tokyo/wp-content/uploads/2020/02/1780778.png"]確かに稜はパット見イケメンバンドマンです。

声優の彼女と毎日楽しく過ごしているとの情報もあり、楽しい人生を過ごしてきたことでしょう。しかし彼にはまだまだ知られざる顔があります。

ETEへの異常な執着とダークウェブまで利用して何をしようとしているのでしょうか?

彼もヒーローか、もしくはETEサイドの人間なのかもしれませんね〜。いずれにせよ稜は今後さらに登場回数が増えることが予想されますので、彼についての情報を今後も追記していきます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *