【GIGANT(ギガント)】パピコがかわいい瞬間をまとめる

GIGANT(ギガント) Siri

miku

どうもこんにちは春日(嘘)です。今回は、「GIGANT(ギガント)」のパピコがかわいいシーンをまとめてみました。

超絶かわいいパピコですが、彼女が特にかわいいと思うシーンをまとめてみたら、基本的に零とのシーンが多くなりました。少しずつ変わる零との関係を着目していくと、パピコのいい女感がわかります!

セクシー女優から国民的ヒーローへ

ウルトラマンになりたかった

零と付き合ってすぐのこと、零は初体験を済ませた後、ベッドで一緒にいるときのこと。

零の「昔はどんな子だったんですか?」との質問に対し、意味ありげに「ウルトラマンになりたかった」と答えるパピコ。プリキュアではなくウルトラマン。

3人いる兄たちと遊んでいるうちにウルトラマンに憧れるようになったそうです。

パピコが直ぐ側にいる零ではなく、なんとなく遠くを見つめていることで印象的なシーンでした。

この時点ではまだパピコは零と付き合ったばかりで、この先自分に起こる出来事はまだわかっていないのです。そのためこのセリフがフラグとして機能しており、その後パピコがウルトラマンのように巨大化することを暗示しているかのようですね。

GIGANT(ギガント) パピコ 巨大化【GIGANT(ギガント)】パピコが巨大化する腕の機械を考察する

意外と現実的 

そして意外とというか、割としっかりした価値観を持っているのも魅力の一つです。

そもそも零と付き合ったのは零が強引に押したからであり、パピコから例に対して特別な気持ちがあったからではありません。ファミレスでフッた時に例が号泣してしまい、店中に響き渡ってしまったのです。

ですのでとりあえずその場を収めるために「わかった、わかった、付き合うよ」ということで交際がスタート。さらにこの時、零が16歳であることもわかっており、年齢差を考えて犯罪になることもわかっていました。

まあ実際にお付き合いしてしまったことで危機管理は甘いかもしれませんけど(笑)

その後零と体を合わせた後に、零が映画監督の夢を告白。そして「パピコさん、主演やってください。そしたら・・・そしたら結婚してください」と告白。

普通の高校生カップルであれば即答でYESがもらえるような質問かもしれませんが、パピコは大人。すぐに答えることはしないのです。

パピコ「嬉しいけど・・・まあ・・・君はまだ若いから・・・今は・・・そんな感じかもしれないけど・・・また・・・変わるから・・・君がそう思えるうちは一緒にいるよ」

と暗にお別れを示唆。

まあそうですね。高校生うちの恋愛感情はおとなになった今になってみると幼かったなあと思ってしまうもの。特に零はまだ16歳ですし、まだまだお付き合いも結婚もよくわかっていないのです。

miku

私も中学時代の彼女と高校時代の彼女とはそれぞれ「絶対に結婚するんだ」なんて思ってましたよ(笑)

思い出すだけで恥ずかしくなりますけど、今では二人共立派に私以外の人と結婚したようでおめでたいことです(笑)

あの時のようなピュアな感じで今は恋愛はできませんね〜。結婚が絡んでくるとなおさらです。

零のようなただ好きだから一緒にいたいという恋愛スタイルは高校時代ならではですね。パピコはの辺大人です。よくわかっています。だからこそこの頃は「君」呼びなんですかね。

零は私のすべて。零は私の命。

そして零の一方通行だったかのような二人の交際も時がたつにつれて変化。

パピコの巨大化により3体の破壊神(サタン)を撃退し、ついに死刑囚からヒーローへと昇華できたパピコ。リアルに死の恐怖を感じたことで、パピコの中でも零の存在が大きくなりました。

最初に破壊神を倒したのも零を守るため。おそらく最初の破壊神のときにはまだ零への気持ちの強さもそこまでなかったと思われますが、3体を倒すときには全く別次元のごとく零が大好きになっています。

その結果パピコはセクシー女優をやめ、零以外と性行為をしたくないと打ち明ける。それは零も望んでいることであり、パピコはタレントとしてテレビに出ることを選びました。

さらに零と別れるならばタレントもやめるとマネージャーに告げているほど、零以外と一緒にいるつもりはないのです。

そしてお風呂に入っている時に、パピコの零に対する気持ちがこちら。

パピコ「零は私のすべて。零は私の命。」

このあとパピコは零のいいところを100個以上言おうとしていましたが、零が恥ずかしがったことで取りやめになりました。

死を身近に感じたことで、自分にとって大事なものが零だということに改めて気づいたんですかね。

まとめ

miku

このようにパピコのかわいさは見た目だけではありません。

零との関係が少しずつ変わっていく中で、パピコの人間性がよくわかります。年上だけど、ちゃんと女の子の部分もある感じ。

最初は零のことをただのファンであり、長続きはしないだろうと思っていたのですが、最終的には自分の命だとまで言っています。

巨大化の力を得たのはたまたまですが、その力で零を守れるようになってよかったね!

GIGANT(ギガント) パピコ 巨大化【GIGANT(ギガント)】パピコが巨大化する腕の機械を考察する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *