【GIGANT(ギガント)】ヒーローの正体を考察してみる

GIGANT(ギガント)ヒーロー

長嶋大佐の遺言

彼が亡くなったのは第1巻。割と早い段階で亡くなっています。

正確には亡くなったのかどうかわかりませんが、現段階で彼は既に再起不能です。

まだパピコが零と付き合う前のこと。街を歩いていたら、突然目の前でブリーフ一丁のおじさんがひき逃げに遭って、血を流して倒れていました。

通りすがりのパピコが救急車を呼ぼうとすると、救急車を呼ぶことを拒否。そして「あと、よろしくおねがいします」との言葉を残し、彼は人形になってしまいました。

そしてパピコの腕に例の機械をつけ、彼の人形は今でもパピコの部屋に置いてあります。

このように長嶋大佐には多くの謎が残ります。彼の謎をまとめていきます。

超ULTRAのDVDと腕の機械

彼が亡くなる直前、轢かれた直後には何もななかったはずなのに関わらず、パピコが一瞬目を離した次の瞬間、彼の体の上に「超ULTRA」と書かれたDVDが置いてありました。

後にわかりますが、このDVDは全長168時間もあり、その内容は長嶋大佐の日記的な内容です。

しかも長嶋大佐の姿が捉えられていることを考えると、他に撮影者がいる可能性もあります。もしくは未来の技術を用いている可能性もありますが、前者の場合であれば誰が撮影していたのか気になるところです。

さらになんと言ってもパピコに移植された彼の機械。

巨大化できる能力付きという確実に現在の技術では不可能なオーパーツ。しかもパピコはこの機械をつけたられた後に「取れない」と言ってました。それをなぜ長嶋大佐は取れるのでしょうか?

生命エネルギーが弱っている時に取れるようになるのか、それとも他に取る方法があるのかもしれませんが、今の所詳しい内容は不明です。

この辺がSF感を強める部分ですね。さらに長嶋大佐にはオカルティックな内容を口にしている場面があります。例のDVDに収録されている長嶋大佐の発言に気になるところがありました。

シンギュラリティはもうとっくに訪れている

シンギュラリティ」(Singularity)とは、アメリカの発明家で人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイルらが示した未来予測の概念で、一つの仮説として想定され得る、“人工知能(AI)が人間の能力を超える時点”を意味する言葉です。

日本語では「技術的特異点」と訳されます。

https://www.weblio.jpより引用

いわゆるAIが人間の能力を超える瞬間のことを指すようです。実際にシンギュラリティに関する議論は既に行われており、2045年ころにシンギュラリティが訪れると見込まれているようです。

しかしGIGANT(ギガント)の設定は2019年とされており、見込みよりもだいぶ早い時期にシンギュラリティが到達しています。

この発言から考えると、ETEの管理人はもしかしたら人類ではなくAI、すなわち機械なのかもしれません。

衛星軌道上にはギガスタラクチャーが建造されている

巨大建築物。また、高層建築やインフラストラクチャーなどが一体化した巨大構造物。

https://kotobank.jpより引用

SF用語であり、マクロスフロンティアでよく見たような超絶大きな建造物をメガストラクチャー、それよりもさらに大きな建造物をギガストラクチャーと言います。正式な言葉ではなく、GANTZに登場した用語です。

長嶋大佐によると既に地球の衛星軌道上にはそんな大層なものが存在しているとのことです。

つまり人類に敵意のある存在が直ぐ側に基地を建造し、それがもう完成しているということなのでしょうか。そんなやばい事態に地球上の誰も気づかなかったのでしょうか?

それを気づかせてくれるのが彼らヒーローなのかもしれません。

事故後に人形になった

そして最後に、長嶋大佐は車に轢かれて、おそらく亡くなってしまいました。

死の間際、パピコにすべてを託して、彼の体が縮み始め、結果的に彼は人形になってしまいました。そしてパピコはその人形と彼の残した機械、そしてDVDを引き継ぎ、パピコが東京を救うことになります。

彼女は意図せずヒーローに加入してしまったということになるのでしょうか?

そうなるとヒーローたちの親元、おそらくはどこかの時空にある軍隊によりマークされてしまうのではないでしょうか?いつぞやに突然彼女のスマホでSiriが起動し、パピコに話しかけてくるシーンがあります。

miku

そのため既に彼女は多くの存在により監視されていることは明らか。

それがヒーロー側なのか、それとも敵側によるものなのかは不明ですが、既に銀河系様々な場所に名前を轟かせてしまったわけですので、超絶有名人になったことは間違いありません。

勝手にそんな有名にしてくれちゃった長嶋大佐は、パピコに謝ったほうがいいですね!

まとめ

このようにGIGANT(ギガント)に出てくるヒーローたちは長嶋大佐を含め、みんな謎です。

おかしな格好が流行っている時代から、もしくはパラレルワールドからやってきた軍隊さんである可能性が高く、さらに2019年の人類が持ち得ない力を持っていることも明らかです。

さらにシンギュラリティが今回の出来事に関わっており、さらに衛星軌道上にギガストラクチャーも存在していることも明らか。そして気になるETEというサイトもこれらを関わっていることも間違いない。

miku

そしてそれらによる被害を事前に防ぐことが彼らヒーローの役目なのです。そこにパピコが加入してしまったわけですので、長嶋大佐はどう責任を取るおつもりでしょうか!

ここまで長々と読んでくださりありがとうございます!ヒーローたちの動向には今後も目を光らせ、進捗があれば再度追記していきますので、今後もよろしくお願いいたします!

GIGANT(ギガント) ETE 管理人【GIGANT(ギガント)】ETEの管理人の正体は誰?実現した内容を基に考察

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *