【漂流ネットカフェ】寺沢が遠野に固執した理由を考察する

どうもこんにちは春日(嘘)です。今回は、「漂流ネットカフェ」の寺沢があそこまで遠野果穂に固執した理由を考察していきます。

寺沢は男たちには暴力をふるいマインドコントロールを行い、女性メンバーには、主にミクに性的暴力を日々行っていました。しかしそんな彼も遠野果穂にだけは手を出さず、むしろ優しく接していました。

明らかに遠野果穂だけを特別扱いしていました。その理由を考察していきます。

寺沢と遠野

捕まった過去

寺沢の心のなかには土岐と同じく、戻りたい過去、消したい過去があります。

誰しも普通に生きていればそのような気持ちはあると思いますが、寺沢のそれはかなり強いものとして現在まで色濃く残っているのです。

その経験とは、逮捕されてしまった過去です。

彼はネットカフェ内での様子を見てもわかるようにかなりバイオレンスです。自分に反抗するものには鉄拳制裁を加え、女性は自分のしたいように扱うというなかなかにやばいやつなのです。

基本的には自分に責任を求めず、他責で考えるタイプなのです。そのため反省することが少なく、昔から変わっていないのです。

そしてなぜ彼が逮捕されてしまったかと言うと、やはり暴力です。

ここで言う’暴力’とは、単に男子生徒に対する暴力行為だけでなく、女子生徒に対する性暴力も含みます。おそらくですが、直接的に逮捕の決め手になったのはこの性暴力です。

この女子生徒は志穂といいますが、寺沢は志穂の気持ちを読み違えていました。

寺沢「志穂は俺のことが好きなんだ。志穂が俺の体を求めてきたんだ。だからそれに応じるのは当然だ!」

この結果、寺沢は志穂と強引に結ばれました。

しかしこれは勘違いであり、志穂も他のクラスメイトと同じく寺沢の暴力を怖がっていたために、逆らえなかったのです。だからこそ志穂は警察に被害として提出、そして寺沢は逮捕されるに至ったのです。

でもですね、おそらく寺沢は本当に志穂のことが好きだったのです。だからこそ志穂に拒絶されたことが彼の心のなかで大きなショックとなっていたようですね。

さらにクラスメイトからも拒否されたことで彼はアイデンティティ・クライシスを起こし、現在までその事件に引きずられているわけです。

だったら自責で考えるようになればよかったのに・・・と思いますけどね。

根本的には彼の考え方は変わることはなかったようですね。だからこそネットカフェでのバイオレンスにつながったわけですから・・・

しかし好きになった女性には対しては違うのです。志穂と同じことは繰り返さないという意識は強く残っているのです。

遠野果歩と志穂

そこで現れたのは志穂と名前も雰囲気も似ている遠野果穂。

苦い思い出が蘇る寺沢ですが、ネットカフェを支配しているのは寺沢です。すべてのルールを作り上げるのは彼です。そこで遠野果穂に志穂の影を重ねて、過去と同じ失敗は繰り返さないと考えたわけです。

とはいえだいぶ同じ失敗を繰り返してますけどね。

中学時代と同じく暴力でみんなを支配して、自分に逆らえないようにしている。男女ともに自分への服従を誓わせ、結果的に王様となっています。

そんな自分に従わない土岐に対しては徹底的に排除しようとしています。さらにそんな土岐をかばう遠野果穂に対してもジェラシーを感じる部分もあり、手にしたいのに手に入れることができない葛藤も存在します。

そのためなんとしても手に入れたいという気持ちも強くなり、その結果が遠野果穂へのVIP待遇なのです。

暴力で支配しても結局それは偽の服従なんですけどね。

それを理解しているのかどうかわかりませんが、客観的には仲良くしているのかもしれませんが、相手の気持を考えればすぐに分かるはずなんですけどね。

いわゆる’忖度’スキルが寺沢には絶対的に不足しています。そこを磨けば彼はまともになれたのかもしれないですね。

もう同じ間違いは繰り返さない

という暗い過去を持つ彼は、そんな感じには見えませんが、彼なりに苦悩していたのです。

しかしネットカフェでの彼の様子を見る限り、またしても同じことを繰り返しています。だからあんまり成長していなかったようですね。

この過去に縛られるという部分が寺沢の言う土岐と似ている部分なのです。

【漂流ネットカフェ】寺沢が遠野に固執した理由を考察する【漂流ネットカフェ】寺沢が遠野に固執した理由を考察する

過去に縛られた者同士、ずっと前だけを見て進むことができずにいたわけです。

あの時志穂の気持ちを考えていればよかった、あの時遠野果穂ともっと仲良くしていれば付き合えたかもしれない。

それがこの二人の共通点なのです。

まとめ

寺沢が遠野果穂を大事に扱うのは志穂の影を重ねているからでした。

寺沢のもとに警察が来た時に、志穂の顔には怪我がありました。詳しいことは書かれていませんでしたが、おそらく寺沢によるものだと思います。彼は暴力を振るうことに抵抗がなく、それにより人間関係が壊れるという意識がありません。

だからこそあんなに軽々しく暴力を振るうのです。

確かに彼はサイコパスだと思いますが、寺沢のような人は割といると思います。

なんでそこでそんな事言うの?とか、そうしたら嫌に思うだろ!という行動をずっと続けている人って割といると思うんですね。そんな方々はそれが暴力ではなくて言い方だったり、細かい行動だったりするだけなんです。

ですので人の理解できない行動もその人にとっては普通なんだと思います。

寺沢の場合にはこちらにリアルに危害が加わるのでできるだけ関わらないのが正解なのかもしれません。でもこの場合には遠野果穂がターゲットになってしまったことで、土岐としては立ち向かわなければいけなかったんですけどね。

というように、寺沢が遠野果穂に固執した理由がわかっていただけたと思います。

作中で志穂についての言及がないため詳細は不明ですが、寺沢の今を形作る重要なイベントになっているようですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *