【血の轍】ネタバレ70話最新話!【修羅場すぎる展開】

どうもこんにちは春日(嘘)です。今回は、「血の轍」最新話70話についてのネタバレを行っていきます。

ついにすべてがバレてしまった静子たち。何も知らないのは一郎のみであり、親戚の絆など言っている場合ではない。こうなってしまってはどうすることもできない。

もうどうしようもない。みんな頭の中はグッチャグチャ。幼い静一も例外ではなく、彼はどんな行動に出るのでしょうか・・・

※「血の轍」70話は3月13日に公開なので、公開次第追記していきます。

血の轍ネタバレ69話振り返り

69話ネタバレ ⇔ 71話ネタバレ

修羅場

「静子さんがやったんだいね?」

 

「そうだよ。私が落としたん。しげちゃんを。」

 

「言ったんね?」

しげる母としげる父の追求により、ついに静子の犯行がみんなの知るところとなり、もうどうしようもできない。これほど以上に怒ることはできない様子のしげる母、「冗談だよな?」と慌てふためく一郎、目の前が真っ暗になる静一。

ここでも何も知らないのは一郎だけであり、静子と静一はもちろんのこと、しげる父母はしげるから既に話を聞いて知っていたのです。

miku

本当に一郎はかわいそうだと思います。

だって何も悪い子としてないのに。たまたま身内から、というか奥さんが罪を犯してしまったというだけです。でもそれは被害者からしたら関係のないことなんですね。。。

反撃

そしてしげる母はしげるを突き落とした静子に対して、これまで溜まっていた不信感だけでなく、静子に関する全ての鬱憤を吐き出すことに。

「一郎、冗談のわけないべに。本人が白状しているんべにが!しゃあしゃあと、私達に・・・嘘ついてたんね・・・何考えてたん!!頭ん中で!笑ってたん!!そりゃあ見舞いなんかこないやんね!

そりゃあ子供もどもらいね!(どもるだろうね)ははっ!ああ気持ち悪い!頭おかしいわ!それを私は・・・心配なんかして・・・最初から・・・最初にあったときから気持ち悪かった・・・何なんその顔は!その態度は!おい!!!」

やはりしげる母は普通の人ですね。彼女の思考は普通です。

息子を突き落としたにも関わらずそれを嘘をついて隠蔽していた静子に対して怒りの感情を持っています。ごくごく当たり前の感情です。だからこの時うっすら微笑みを浮かべる静子がおかしいのです。

どんな理由があっても、この時だけは笑ってはいけない。というか笑えない状況に追い込まれているはずなんですけどね。

そして怒涛の言葉責めの最中、何も言わない静子に対して、次はしげる父のターンです。

バンッ!!!

机をたたき、静子と静一、そして一郎に土下座を要求。

これも当然のことです。むしろしげると同じ目に遭わせてこないあたりかなり良心的だと思います。

しげる父「謝れ。土下座しろ。お前ら全員だよ。」

一郎はただただ現実を受け止められない様子。一方の静子は何も言わず、ただ下を向くだけ。そして静一は何もできず、両親の様子を眺めるだけ。

しげる父「おい!!聞いてるんかい!!」

しびれを切らしたしげる父は実力行使に出ようと立ち上がり、静子の方に向かうところに立ちはだかった一郎。しかししげる父に顔を殴られ壁にぶつかり敗北。

そしてしげる父は静子の髪を掴み、強引に土下座をさせようとします。その瞬間、静一はしげる父の腕に噛みつきますが、所詮は子供、大人の腕力にはかなわず、すぐに振りほどかれてしまいます。

静子の髪を掴み、静子の顔は畳に面しています。

しげる父「謝れ!謝れ!謝れ!謝れ!謝れ!」

そして・・・

警察

静子「警察に、行きましょう。」

なんでこの時静子は警察に行きましょうといったのでしょうか。普通に考えてここは「申し訳ありませんでした」しか言ってはいけない状況でしょう。

なんでそこまで固くなに静子は謝らないのでしょうか・・・それはずばり、彼女は自分が悪いと思っていないからでしょうか?

miku

静子の中ではしげるを突き落としたことは悪いことではなく、正しいことだったからだと思われます。

以前の記事でも考察をしましたが、静子の中ではしげるは静一を自分から奪ってしまう存在であり、静子と一緒にいる時間が減るのです。

だから敵です。

【血の轍】なぜしげるを突き落としたのか理由を考察してみる【血の轍】なぜしげるを突き落としたのか理由を考察してみる

miku

さらにもともと「カホゴカホゴ」とバカにしてくる親戚連中のことを心底疎ましく思っていました。

一刻も早く家を出ていきたいと思っていた静子にとって、しげるを突き落とすことで警察に捕まる、すなわちこの家を出ていける絶好の機会だったと思われます。

つまりこの時点では、静子はしげるを突き落としたことによる罪悪感よりも、長部家を出ていけるという喜びのほうが勝っていました。

またそもそもしげるを突き落とした罪の意識が弱いという理由により、ここでは謝らなかったと思われます。

普通は・・・というかわかりませんが、思ってなくてもまずは謝罪をするべきところだと思います。

罪を犯しても謝らないというのは、現在公判中の某殺人犯と同じになってしまいます。彼女の中ではそうすべきだからやった、だからそれは彼女の中では罪にはならないのかもしれませんが、法律で決まっているから、客観的に彼女の行為は犯罪です。

だから絶対に謝るべきだと思います。

血の轍ネタバレ70話ネタバレ

2020年3月13日に公開予定なので、公開次第追記していきます。!

69話ネタバレ ⇔ 71話ネタバレ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *