【血の轍】肉まんとあんまんの質問は静子の洗脳方法だった 

どうもこんにちは春日(嘘)です。今回は、静子が静一に毎日のように聞いている「肉まん、あんまん?」という質問が実は洗脳だったという説について考察を行っていきます。

ちなみにですが、

朝ごはんに肉まんとあんまんを食べるんですか?

別に全然いいんですけど、大体は白ごはんorパンが多いんじゃないかと思ってました。「群馬県 肉まん 朝ごはん」で検索してみたのですが、特にヒットする記事はありませんでした。つまり群馬県独自の文化ではなく、長部家の文化のようですね。

それでは、一見すると何の変哲もない質問がなぜ洗脳なのか考察していきます。

肉まんとあんまん

「血の轍」第1集第1話にて、静一を起こした静子が静一に対して言った言葉。

静子「朝はん、肉まんとあんまん、どっちがいい?」

静一少年は「肉まん」と答え、下に降りると肉まんが準備されていました。このシーンのあとも度々肉まんかあんまんか聞かれるシーンがあり、そのたびに彼は「肉まん」と答えがちなところを見ると、彼は肉まん派なようですね。

まあここだけ見ると何の変哲もない、ただの朝はんを問うているだけなのですが、後に彼が「あんまん」を選ぼうとしたときに少し疑問が生じました。彼があんまんを選ぼうした時、当時静一が吃音となっているときでした。その時の彼のセリフがこちらです。

静子「肉まんとあんまん、どっちがいい?」

 

静一「あっ・・・・・・く・・・あっ・・・ぐ・・・く・・・くあっ・・・あっ・・・肉まん・・・」

このように、完全には発声できていませんが、前半で’あ’の音が多く出ていることが見て取れます。すなわち彼はこの時あんまんが食べたかったのではないでしょうか。しかし彼が最終的に選んだのは肉まんでした。

この理由を推測すると、なかなか恐ろしいことがわかってきました。

静子によるマインドコントロール

肉まんとあんまんの2択を与え、そこから選ばせるというのは見方を変えると毒親なのです。

というのも、静子が2択を与えることにより静一はそこからどちらかを選ぶ。つまりその2択以外には彼が選ぶことができるものはない。本当に静一がかわいがっているのならば「何が食べたい?」と聞くと思います。

静一の自由意志を制限

その結果として、静一は自分で何かを選ぶ力、決める力を失いつつあります。

ドラクエ5では結婚相手を決める際に「はい」か「いいえ」で決める有名なシーンがありますが、それはあくまでゲームでの話。実際の人生では毎日重要な決定の連続です。ですので2択から選ぶだけではその力は身につきません。

だから毎日肉まんとあんまんとの2択しか与えられていないことで、静一は2択以外の選択ができなくなってしまいました。

さらに症状が進行した結果、「肉まんとあんまん」という簡単すぎる2択すら彼は選べなくなり、彼は自分の食べたいあんまんではなく、肉まんと答えたのかもしれません。

肉まんと答える時は静子の影響力が強い時を示しており、あんまんと答える時は静一が静子から離れようとしている時を描写しているのかもしれません。

事実静一は発言力を失った

このように静一が毎日のように肉まんとあんまんの質問をされている事により、何も選ぶことができなくなってしまいました。

そして「血の轍」の作中では静一が静子にベッタリしている時期と、少しずつ静子に対して猜疑心が湧いている時期に分かれます。そして前者では肉まん、後者ではあんまんと答えるのも意図的な挿入かもしれません。

さらに静一自身も先程書いたように自分で何かを決めることができないため、静子と一緒にいていいのか、いないほうがいいのか自分でもわかっていません。そのため常に静子との距離感が常に安定しません。

どうしたらいいのかわからない、ママと近づくべきか、離れるべきか。決められない。はっきりと言えない、言いたくない。

そして彼は吃音症になりました。自分から言葉を奪うことで何も決めなくてもいい状況を無意識的に作り出したのではないでしょうか。

まとめ

このように朝はんの「肉まんとあんまん」という簡単な質問であっても実は重要なファクターである可能性もあります。

人生は選択の連続であり、それは年を増すごとに選択の重要性は増してきます。

大学受験するかしないか。どの大学を受けようか。どの講義を受講しようか。どこでアルバイトをしようか。どんな会社に就職したいのか。どのような業種が、業界がいいのか。誰と結婚するのか・・・

これらは2択ではなく、無限に選択肢が存在するようなものばかりです。その中から自分にとって最適な選択肢を選んでいかなければいけないのです。しかし静一はどうでしょうか?

幼い頃から食事のメニュー決めを含むすべてを母にやってもらっていたために、自分で何かを決める力が著しく弱いのです。第8集でも彼は再度静子との距離感がわからなくなり、再度急接近することになります。

「血の轍」というタイトルから見ても、おそらく最終的におとなになった静一のシーンが登場しそうなので、静一がどんな大人になるのか見てみたいと思います。肉まんあんまんの質問には毒親静子の心理が強く反映されているのです。

【血の轍】タイトルの意味・由来は何?轍とはそもそも何?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *